禁煙を成功させる心構え

禁煙を始めるきっかけは必ずあるはずです。何のメリットも感じなければ、やめるはずもないのです。禁煙を成功させるためには、メリットとデメリットをイメージして明確にすることが大切です。成功することによるメリット、喫煙を続けることによるデメリットをよく認識しておきましょう。禁煙をするメリットは絶大であり、確実に寿命を延ばせると言われています。喫煙を続けると寿命を10年も短くしてしまうと言われています。肺がタールで真っ黒に汚れてしまうと、呼吸機能が低下してしまいます。新鮮な酸素を全身に運搬する作用が低下し、少し動くだけで息切れしてしまうのです。タバコに含まれるニコチンは、毛細血管を収縮させて動脈硬化を促進します。血管にとってニコチンは毒素であり、喫煙を続けるほど血管疾患のリスクが増します。健康寿命を延ばすためには、禁煙することが一番効果的なのです。禁煙には多大な経済的メリットもあり、タバコをやめることで月に1万円以上浮くという方は多いでしょう。タバコは百害あって一利なしであり、喫煙をすることは不健康になるためにお金を浪費するようなものです。ヘビースモーカーは貯金が苦手という言葉は的を射ているのです。タバコの副流煙は、自分以外の方の健康被害の原因ともなります。副流煙の害はすさまじく、これはフィルターを介さない煙を吸い込んでしまうからです。愛煙家と一緒に生活している方は、知らず知らずのうちに寿命を短くしているのです。禁煙するのが辛くなったら、メリットとデメリットを今一度よく考えてみることです。辛いことを続けるためには動機とモチベーションが必要となります。自力で続けることに限界を感じたら、迷わず禁煙外来で治療をしましょう。

禁煙をする前の下準備とは?

本気で禁煙するつもりならば、タバコ、ライター、灰皿、は目の前に置かないようにしましょう。極端な話、捨ててしまうのが一番です。どうしても吸いたくなっても、目の前にタバコを吸う道具がなければめんどくさくて動かないものです。これはダイエット方法のレコーディングダイエットと同じような原理で、食べたものを記録するのが面倒だから食べない、という選択肢が出てくるのと同じことです。また、レコーディング禁煙のように吸ったら書く、というのでも良いでしょう。今ではアプリで吸った本数や合計金額が記録できるものもあるので、それを使うと日々タバコに費やしているお金がどれくらいか把握できるので、やめようと思う気持ちを高めることができます。そして、下準備の段階では、周りの人に禁煙宣言しておくようにしましょう。これは意外と重要です。パートナーがいればパートナー、子供がいれば子供にも伝えておきましょう。ついタバコを吸いたくなった時に、周りの誰かに「禁煙中ではないのか」と指摘されれば吸いづらくなります。どうしても吸ってしまっても後ろめたくなるので、タバコを美味しいと感じにくくなります。他にも、禁煙外来に行って下準備をしても良いでしょう。ニコチン依存症の人は自分の努力だけでは抜け出せない可能性もありますから、その場合には医師に相談して、禁煙治療薬について詳しく聞いておいたり、禁煙のコツを教えてもらうようにしましょう。また、吸いたくなくなるように、肺が真っ黒の画像やポスターをネットでダウンロードしてきても良いでしょう。印刷してポスターにして部屋に貼っても良いでしょう。あまり意味がないように思うかもしれませんが、これでやめられる人も結構います。

どこまで続けられれば禁煙といえる?

健康被害などが問題視されているタバコは男性だけではなく女性でも吸っている人が増加傾向となっているのですが、ここ最近のタバコ税の増税や不景気、そして健康問題などを理由に禁煙を検討する人も増えてきており、禁煙外来などのサポート体制も徐々に整いつつあります。そんな中で個人もしくはサポートを受けながら禁煙をしている人たちが気になっているのが、「どこまで続けられたら禁煙ができたといえるのか」というところです。そもそもこの行為自体が目に見えない努力となっていますし、数値などで表すことができないため達成ポイントとなるゴールの見極めが難しくなっています。ゴールが見えないと意欲がわかなくなってくる人も多いですし、ある程度の目安を作ってほしいと考えている人も少なくないです。これに関しては「禁断症状が出なくなるまで」というのが一般的な考えであり、要するにタバコを吸いたいという意欲がなくなればほぼ成功しているといわれています。タバコへの欲求がなくなってしまえば禁煙ということで我慢をする必要もなくなりますし、需要もなくなってくるので自然とそのままの状態を維持することができるようになっているからです。また、タバコの煙に関して以前は気にしていなかったはずなのに気になったり、臭いと感じていればその時点で禁煙は完了しているといっても過言ではないといわれています。このようなポイントからその期間は人によって異なっていますが、タバコへの欲求がなくなるというところがゴールになります。それまでの期間はおよそ2週間から3週間といわれており、人によっては禁断症状もなく禁煙できるケースもあるため、自分に合わせながらゆっくり行うのがお勧めです。

▼ストレスフリーで禁煙生活を迎えましょう
すぐ禁煙
▼禁煙を成功させたい方にはこちらの医薬品で解決しましょう
チャンピックス(バレニクリン)通販

トップページへ